So-net無料ブログ作成
検索選択

明日ママがいない 第一話 キャスト あらすじ ネタバレ [明日ママがいない]

児童養護施設。
全国で、600か所に存在し、約3万人の子供たちが、
親の愛を受けられず、密かに暮らす場所。

児童養護施設にやってくる子供の大体は、
『親の虐待』

愛する事、愛される事の意味を
子供の目線から描いた、野島伸司脚本の
社会問題定義ドラマ

昨日、今日側にいてくれた、ママが
明日、いないくなる現実・・・。
子供の目線で、模索する愛を描いています。


とはいえ、放送第一回から、非難の声が。

施設の実態を捻じ曲げて描写している。
施設職員は、そんな人格ではない などなど。

第一話のあらすじを紹介したいのですが、
残念ながら、第一話が見ていないので、

公式サイトから、抜粋を ~~
母親の障害事件をきっかけに、親元を離れて暮らす
少女・真希は、不気味んs風貌の男、佐々木によって、
コガもの家に連れて来られる。
コガモの家には、
赤ちゃんポストに捨てられていた、ポスト、
ピアノの上手な、ピア美、
家が貧しいボンビの3人がいた。

里親の候補に、自分たちが新しい家族を見つけられるか、
ポストは、会よながら 『お試し』 を試みる。
しかし、いつか、自分を迎えに来てくれると、信じている
真希には、お試しに行く、他の子たちの心境を理解できなかった。


主なキャストの相関図です。

ポスト (芦田愛菜)
真希  (鈴木梨央)

*ドラマのダブルキャストです。

ピア美 (桜田ひより)
ボンビ (渡邉このみ)
パチ  (五十嵐陽向)
オツボネ (大後寿々花)

*コガモの家の子供たちです。

施設長 : 佐々木友則 (三上寛)

*施設職員としては、言葉使いが荒く、虐待のイメージも強いですが、
  ある人を巡り、ストーカー的行為をしていて、人格が偏光しているように見えます。

施設補助員 : ロッカー (三浦翔平)
外部施設職員 : 水沢叶 (木村文乃)

*コガモの家のスタッフとして、仕事をしていますが、
何か、過去があるようです。

佐々木香 (鈴木佐和)

*近くのお弁当やさんの店員です。
  しかし、コガモの家とは無関係ではない気がします。


第一回の放送では、
『現実の施設の在り方と違う』 という意味で、
様々なところから、放送中止の意見がでました。

この時点では、私も真意を知る事ができなかったので
傍観者でいるしかなかったのですが、
幸い、第二話から見る事ができたので、
次回は、第二話以降の感じた事を書きます。










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。