So-net無料ブログ作成
検索選択

明日ママがいない キャスト 子役 オツボネ [明日ママがいない]

コガモの家では、最年長のオツボネ。
年が明けたら、施設を出て行かなくてはならないそうです。

w11.jpg


調べによると、施設の子は、支度金 10万円程度で、
施設から退去されるそうです。
仕事もない、家もない。
そんな状況になるのも、少なくないそうです。

施設出身者の正社員への雇用率は・・・。
このドラマを通して、現実を考えて欲しいです。
そして、少しでも改善して欲しいです。

職員の対応が違うとか、
出生の秘密がバレルような、あだ名は良くないとか、
そんな事で、放送中止とか騒ぐ前に、
実際の雇用現場で何が起きているか考えて下さい。

所で、オツボネを演じるのは、大後寿々花さんです。

2000年から、『劇団ひまわり』 に所属し、
渡邉謙の推薦により、ハリウッド映画 『SAYURI』 に出演しています。

2007年からは、 『セクシーアンドボイスロボ」 などのテレビドラマで活躍中です。

w10.jpg


演技の豊富な、大後寿々花さんが演じる、オツボネは。
幼少の頃からの母親の虐待で、
心が幼いまま、高校生になってしまったという感じです。

自分の居場所を見つけるために、万引きを強要されたり、
母親の言う事に逆らえなかったり。

大人になるって難しいと思いました。

第7話では、お試しの家と子供の様子を見守る
水沢叶が、結婚を機に、仕事を辞めるといいだし・・・。

これは、推測ですが、叶の後任をロッカーに引き継ぎ、
ロッカーの代わりに、コガモの家の食事当番を
オツボネが担当するってどうでしょうか?

人は、大きな目標と、強い意思がないと、
一人で人生を切り開くのは困難だと思います。

コガモの家は、ある意味 子供たちのシェルターです。
年齢で切り捨てるのではなく、
心の成長を待って、シェルターで保護する事も大切だと思います。


そういえば、第7話で、香さんと佐々木室長が再会しました。
もしも、香さんが、コガモの家のために、サポートしてくれたら、
もっと、楽しい場所になる気がしましたが・・・。

さすがに、そこまでは残酷ですね^^;





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。