So-net無料ブログ作成
検索選択

明日ママがいない キララ 親 [明日ママがいない]

『売りたいから書くのか?』

『売れるから書くのか?』

最終回を迎え、放送が終了したドラマ
『明日ママがいない』 について、
7日間以上過ぎたにも関わらず、
論評や、解説や、ドラマの在り方についての
ニュース記事を良く目にする。

最近のテレビの番組放送状況は、
3カ月 1クールとして、短編的ドラマを
放送し、付きが変われば、全く違うドラマを放送している。

慈恵病院からの告発と、
放送倫理委員会での審議が問われているため、
『明日ママがいない』 については、
放送終了し、日が経つにつれて、
ドラマの真価を問われているのだろう。

私、個人の感想では、最終回を見て、
『明日ママがいないは、失敗作だった。』 と感じた。
そう感じたから、今日までブログを更新しなかった。

失敗と思う理由は、主に2つの場面からそう感じた。
1つは、アイスドールが、コガモの家を辞めて、
市議会議員に挑戦する話しをする場面。

魔王は、会話の後に、
『この国とまだまだ戦う必要がある。』 と発言したが、
そもそも、1回から8回までの間に、
コガモのいてとして、公的機関と戦うシーンはあったのだろうか?

アイスドールはたしかに、お試しに行く子供
送り迎えはしていたが、
養子縁組が決まり、所定の手続きのために役所へ向かう場面はなかった。
公的機関とのやりとりは一切ないのに、
魔王は、公的機関 → 国 との現実の差異を語った。

放送中のクレームや、放送中止の訴えを聴いて、
ドラマに改善があったからかもしれないが、
私には、ショートコントを見ているみたいで、
説得力は全然なかった。

ドラマの過程で、アイスドールが役所で
冷たい扱いを受けるなど、 
『その台詞を語るための伏線』 がもっと必要だったと思う。

2つ目は、担任の先生と養子縁組をするはずだった
ポストに、養子縁組が破断になった後、
魔王が言った台詞。
『俺は、お前がいなきゃ、さびしいんだ。
お前は、俺の子供だ。』

ポストが朝倉先生の養子になる事は、
ポストがポストでなくなり、
『アイ』 という娘として、生きて行く事。

自分の全てをおし殺して、生きなければ行けない、
環境から、魔王はポストを救い、この言葉で
納得させた。

これも、あんまり、しっくりと来ない台詞。
大体、擁護施設の所長が、預けられた子供を養子に
する話し事態、現実的ではないし、
ポストと魔王に、そこまで深い絆があったとは
感じられなかった。

ピア美や、ボンビ、ドンキと一緒の輪の中にいて、
4人は、4人とも平等に演じていた。

最終回で、魔王にこの台詞を言わせるならば、
魔王とポストの対立、
二人だけにしか出来なかった事、
二人だけの会話 など、やはり、伏線をいくつか準備しておかないと、
台詞に力が込められない。

施設の子が、次々と養子縁組などで、
施設を卒業していく事や、
子供たちがどんどん幸せになって行くストーリーは、
当初の騒ぎから考えて、肩すかしのモヤモヤ感で終わった
と思い、あまり感動出来ませんでした。


一方で、
『まだまだこのドラマをもっと見たい!』 と思うのは矛盾でしょうか?
やはり、配役に
芦田愛菜、鈴木梨央、桜田ひより、渡邉このみ と揃っている所は、
ドラマファンにとっては、どんどん見たくなる作品だと言えます。

しかし、色々と問題があって、9話で完結してしまった
『明日ママがいない』
残念な気持ちのままで、いつか、忘れられてしまうのでしょうか?

いっそ、全部壊して、 ゼロからドラマを作ればいい。


虐待シーンや、差別的な台詞を全て排除し、
優しい施設長、みんなが仲の良い、施設の子供、
明るくて、楽しくて、アットホームなドラマに!!

コガモの家の食道と、4人の部屋、
学校の教室での会話をメインにして、
ポスト・ボンビ・ピア美・ドンキ の4人でどんどん会話していく設定で。

何がお手本だと思いますか?
TBS ドラマの 『渡る世間は鬼ばかり』 です。

渡鬼は、大体、幸楽の厨房、自宅の食卓、おかくらのカウンター
場面で、ほぼドラマが進行されています。

そして、私の考える 『明日ママがいない』 では、
ポスト・ボンビ・ピア美・ドンキの4人は、
学校でもふだんの生活でも、
ちょっと間が抜けた おっちょこちょいなキャラクターです。

お試しに行っても、必ず失敗していたり、
学校でも、ちょっと変わっていたりします。
コガモの家では、預けられた子供がどんどん
養子として卒業する中、残された4人は少し焦りを感じていて・・・。

という感じです。
つまり、野島伸司の脚本ではなく、
明るいコメディタッチで描きます。

これなら、人権侵害で抗議を受ける事はないし、
現実の施設の子供と違うけれど、
明るくて楽しいから、見ていて面白い となります。

しかも、この設定で、視聴率を取れれば、
シリーズ化する事も可能です。

それぞれの配役が年齢を重ねるごとに、
それぞれの新しいストーリーを綴る事が出来ます。

18歳になって、施設を卒業しても
魔王に無断で、いつもの部屋に集まって、
女子トークに華を咲かせる。

こうすると、卒業して、自立した後の話しを出来ますし、
長期化する中で、
虐待問題、差別問題、感情の矛盾、
公的機関からの冷たい仕打ちなど
シリアスな要素を混ぜていけばいいのです。


やっぱり、『明日ママがいない』 は
自分の中で、久しぶりに見たいドラマに出会った と思える作品だったのかも。

ところで、ドラマの最終回で、それぞれの本名が明かされていましたが、

『ポスト ⇒ キララ』 ですよぉ~。

魔王と親子になった時に、決められたのがこの名前です。
だから、ラストのプリクラにそう書いてあった。

最後にキラキラネーム出すなんて、
意外な結末でしたね。

と、いう事で、芦田愛菜ちゃんの
次回出演ドラマ、楽しみにしています。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。